SNSのフォロワー29万人の人気漫画家・キューライスによるテーマパーク型展覧会『キューライス フェムフェムランド』が、2021年1月2日から「心斎橋パルコ」(大阪市中央区)で開催される。

現在、キューライスによる4コマ漫画を実写化したミニドラマ『悲熊』がNHKで放送されており、子熊役のジャニーズWEST・重岡大毅が一喜一憂する姿にSNSでは「かわいすぎる」「養いたい」など癒やされる人が続出。

そんな『悲熊』をはじめとする人気キャラクターたちの「ちょっと不思議な世界観」を体験できるという同イベント。『ドン・ウッサ』のおやしき、人気キャラクターのフォトコーナーに加え、心斎橋会場から初披露となる原画展示も登場する。

さらに数量限定の福袋や、大阪開催のために描き下ろしたというビジュアルを使用した展覧会限定グッズも多数販売されるという。会場は「心斎橋パルコ」14階のイベントホールで、入場料金は500円(学生400円、小学生以下無料)。期間は1月17日まで。