食の大型専門売場を備える「無印良品イオンモール堺北花田」(堺市北区)が、2月27日に一部リニューアル。新型コロナウイルス感染拡大の影響からテイクアウト需要にも応えるため、3つの専門店ブースが登場する。

2018年3月に増床リニューアルした際に、「無印良品」として初めて生鮮食品などもセレクトした専門売場やフードコートが登場して話題となった同店。今回は3ブースとも大阪の地元企業や料理人と協力し、イートインに加えて、冷凍商品や常温での持ち帰り用の商品を準備していくという。

注目を集めそうなのは、堺で人気の餃子専門店での修業を経た店長による新ブランド、蒸し料理の専門店「蒸気茶楼 蒸’s」だ。食品添加物や化学調味料を使用せずに、国産素材を使った「蒸’s 豚まん(ジョーズぶたまん)」をはじめ、焼売、中華ちまき、小籠包を販売する。

そのほか、国産の減農薬米で糀を作る300年以上も歴史があり津久野でカフェ営業もおこなう「糀屋雨風(こうじやあめかぜ)」では、その糀で作った味噌・塩糀・甘酒などを使った定食のイートインのほか、同店限定としてオリジナルの柚子味噌キンパなどが登場。

1850年に堺で創業した製茶問屋「つぼ市製茶本舗」による、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテといったドリンクのほか、抹茶あんみつや茶団子、夏には抹茶ミルク金時のかき氷などの甘味も。どちらの老舗も堺で培われた、日本の食文化の魅力を伝えていく。