ヒルトングループによるラグジュアリーブランド「LXRホテルズ&リゾーツ」が今秋、アジアに初進出。「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク キョウト エルエックスアール ホテルズアンドリゾーツ)」(京都市北区)として、9月16日に開業する。

同ブランドは、アメリカのラスベガス、ドバイ、セーシェル共和国といった厳選したロケーション地に開業。その土地、歴史、文化に根ざした至高のサービスを目指し、贅沢なひとときを過ごせる有名ホテルブランドだ。

今回の立地は、京都の自然豊かな鷹峯エリアに位置。約400年前に書家・陶芸家など幅広い活躍した本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)の芸術村があったことから、コンセプトは「Artist Residence(アーティスト レジデンス)」に。唐紙・漆・竹・陶器といった日本らしい素材と職人技を取り入れたアートな空間を目指すという。

12408平米の敷地に客室は全114室(5タイプ)で、1室の広さは49〜100平米。館内には琳派から着想を得たフレンチ、天然温泉を使用したプール、イベントやアクティビティを開催予定のティーハウスを併設。地下鉄北大路駅から車で約15分。4月20日から予約開始。