「三田のスーパーの魚コーナーにシュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)売ってるんやけど・・・」というコメントとともに、発泡スチロールをはみだすほどの巨大なサメ写真が添付されたツイートが現在6.3万いいねがつくなど話題に。これは「スーパーセンタートライアル三田店」(兵庫県三田市)の鮮魚コーナーでの光景だ。

全国に264店舗を構え、「まずは担当者自身が楽しめるような企画が、お客さまの喜びにつながる」がモットーという同スーパー。鮮魚コーナーを担当する「大桜水産」(本社:大阪府池田市)の清水健さんは「全国の市場や漁港には、珍しい魚があれば声をかけてもらうなど、常にアンテナを張っている」と話し、毎週末におこなわれる販売イベントでは子どもたちが驚くような魚介類が店頭に並ぶ。特にこの三田店では、過去にもクロマンボウや80kgクラスのメバチマグロといったほかではなかなか見られないような魚を販売してきたという。

今回のハンマーヘッドシャーク(全長3メートル)は1体9500円で販売。まるごとは売れなかったが、翌日「バジルソース漬け」にして小分け販売をしたところ、完売したとか。ちなみに、サメは浮袋が無く肝臓に脂を溜めるため特有の臭みがあることから、「臭みを無くせる調理方法は」と考え、バジルを選んだという。気になるサメの味は「鶏肉のような弾力がある歯ごたえ。意外と水分が多いので、濃い味付けが合う」とのこと。

ツイートの反響は大きく、他府県の人から「ハンマーヘッドシャークは本当に販売されているの?」など問い合わせが多く入ったそう。清水さんは「今後は、200kgを超える大型魚を店頭に並べられれば。週末には『トライアルには何かある』と認知してもらえるようになりたい」と意気込んだ。「スーパーセンタートライアル三田店」は三田市ゆりのき台3丁目26番1。

取材・文/つちだ四郎