餃子、マカロン、豆腐、チョコレート・・・さまざまなグルメが楽しめるようになった昨今の自動販売機。そんななか神戸で「ケンミン食品」(本社:神戸市中央区)のビーフンを販売する自動販売機が9月1日に設置される。

自動販売機は、コロナ禍で非対面式、時間問わず購入できるというメリットが人気となって、企業だけでなく個人店でも導入が増加。今回は同社が兵庫県丹波篠山市の自社工場などで作る冷凍ビーフンや冷凍はるさめなど全5種類を販売する。

同社で人気を誇る「焼ビーフン」(2食入・500円)、韓国風はるさめ炒めチャプチェ(2食入り・500円)など手頃な商品がそろい、レンジで温めるだけで気軽にいただける(メニューは今後変更する可能性あり)。

近隣住民の購入を想定し、「初年度の売上目標は、冷凍自動販売機1台で一日50食、月間1500食の売上75万円を目指します。1号機として本社前に導入し、売上効果や認知度向上が見られましたら、当社工場や全国の営業支店前に設置を検討してまいりたいと考えております」とコメントしている。場所は「ケンミン食品」の本社ビル前。