「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)で9月17日に開幕し、注目を集めているアニメ『鬼滅の刃』とのコラボ。作品の世界観を体感できるライドアトラクションはもちろん、ここでしか購入できない限定グッズも多く揃うが、そのなかで、あるお菓子BOXの「別の使い道」がSNSで話題となっている。

そのお菓子BOXとは、パーク内のグッズショップ「スペース・ファンタジー・ステーション」などで購入できるスナック入り木箱。開けると炭治郎や善逸など登場キャラクターがデザインされた個包装のコーンスナックが入っているほか、箱にはリアルな紐が付いており、購入後、背負って写真を撮るなどさまざまな楽しみ方ができると好評だ。

しかしSNSで話題となっているのは、さらにコーンスナックを食べたあと。公式サイトのグッズ紹介コメントには「食べた後は収納として使うもよし」と表記されているが、実は『鬼滅の刃』のコミック全23巻+映画館でもらえた煉獄零巻がきれいに収まるサイズになっているのだ。

ツイッターやTikTokには、実際に自宅にてコミックを収納してみた購入者からの、「ほんとだ〜! ぴったり」「気持ち良すぎる・・・」「お菓子もおいしかったしフタの裏では禰豆子が眠ってた、細かい」といった絶賛する声が続出。また、「娘がこの木箱だと率先してお片付けするようになった」「漫画を読んだあとも、整理整頓してくれる」など、子どものために購入した人からの喜ぶコメントもあがっている。価格は2800円。『鬼滅の刃』コラボの期間は2022年2月13日まで。