キュートなデザインで人気、海外生まれのキャンディショップ「パパブブレ」(本社:東京都渋谷区)に、クリスマス商品が登場。新作を含めた全9種が、11月19日に発売された。

夏は氷キャンディ、ハロウィンでは自分の顔型キャンディを作成できたりと、季節ごとにユニークな商品を発表してきた同店。今回のクリスマスシリーズは、自粛を余儀なくされた2020年の分も含めて楽しめるよう、新たに体験型の商品が仲間入りした。

新発売の「キャンディツリー」(3500円)は、高さ約20センチの立体ツリーが作成できるキット。緑の星形キャンディをバランス良く重ね、サンタやトナカイのミニキャンディで飾り付けて自分だけのオリジナルツリーに。作って飾って食べるまで楽しめる、遊び心溢れるスイーツとなっている。

そのほか、ライト付きの「光るクリスマスロリポップ」(930円〜)や、排出物をモチーフにしたバルセロナの伝統人形「カガネー」のスイーツ(320円〜)などがスタンバイ。

また、いくつものキャンディが入った「スノーマンミックス」(640円〜)には、コロナ禍ならではのデザイン「マスクサンタ」も。関西は「ルクア大阪店」「大丸心斎橋店」「大丸京都店」で販売中で、取り扱い商品は店舗によって異なる。