「ひっぱりだこ飯」で知られる老舗弁当店「淡路屋」(神戸市東灘区)が1月1日、貨物コンテナをモチーフにした弁当「JR貨物コンテナ弁当 神戸のすきやき編」を販売する。

日々約400本の貨物列車により、全国各地に張り巡らされた約8000キロの鉄道網を通じて、約140箇所の貨物駅の間を行き交っている「日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)」の貨物コンテナ。その走行エリアは北海道から九州までほぼ全国に及んでいる。

今回、そんなJR貨物コンテナをモチーフにした弁当箱を使用した駅弁を開発。第1弾は「神戸のすきやき編」として、「淡路屋」の甘辛いすきやきをコンテナのなかに盛り付け。今後、さまざまな地域の名物を盛り付けたシリーズ化を目指しており、第2弾・第3弾も開発中だという。

「淡路屋」の公式ツイッターで販売が告知されると2.5万いいねがつくなど反響があり、「発想がすごいな・・・」「これは買いに行きたい!!!」「こういうの大好き」と多くの期待の声が上がっている。

第1弾の「JR貨物コンテナ弁当 神戸のすきやき編」は1個1420円。2022年1月1日から、「淡路屋」各店(新神戸店・神戸駅店・西明石店・ 芦屋店・神戸阪急店・神戸大丸店・西神中央店・阪神梅田・大阪高島屋・高槻阪急・川西阪急)のほか、関西主要駅ならびに東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」などでも販売。淡路屋オンラインストアでの全国販売は1月上旬より対応予定。