日本文化を体験できるホテル「京都東急ホテル東山」(京都市東山区)が7月7日に開業。ホテル内外でさまざまなアクティビティプログラムが楽しめる。

場所は、京都市市営地下鉄「東山駅」から徒歩4分で、元白川小学校(2011年閉校)跡地を活用。「京都市京セラ美術館」をはじめとする文化施設や、「平安神宮」など寺社仏閣へのアクセスが便利で、寺社仏閣の特別公開・特別拝観や、漆器・窯ものの工芸体験、出汁・京菓子といった食にまつわる講習など、周辺エリアを巻き込んださまざまな体験メニューが用意される。

また、「ミュージアム・ホテル」をコンセプトにした同ホテルでは、伝統工芸品や美術品が館内に配置されるほか、「TEA BAR」での利き茶体験や、中庭を囲む全客室に備えられた「茶箱(オリジナルの茶器ひと揃え)」で日本茶を味わえるプログラムも。京都市や地域住民らと協議しながら街作りを進め、伝統と文化を受け継いでいくという。

「開業記念ギフト付き宿泊プラン エグゼクティブタイプ」は、1月20日から予約がスタート。1泊食事なし3万5000円〜、朝食付き4万〜(各1室2名・サービス料・消費税込、宿泊税別)。