ティーに特化した「スターバックス ティー&カフェ」(大阪市北区)に、トロピカルフルーツを使用した爽やかな夏の新作が登場。4月25日から発売される。

西日本初の実店舗として、2022年2月に「ルクア大阪」内に誕生した同店。種類豊富なフレーバーティーや一般のスターバックスでは見かけることのない変わり種フラペチーノにも出会えると、オープンから2カ月が経った今も連日行列ができるほどの人気だ。

今回発売される2種の新作「トロピカル マンゴー パッションフルーツ&ティー」(595円 )と「トロピカル マンゴー パッションフルーツティー フラペチーノ」(750円 ※ともに店内利用時)は、以前に東京で夏限定商品として親しまれていたメニューで、西日本では初登場となる。

どちらもパッションティーをベースに、マンゴー果肉やパッションフルーツソースをふんだんに使用した満足感の得られるドリンクとなっており、ツイッターでは「飲むしかない」「絶対好きなやつだ」などの声が上がったほか、色あざやかな見た目に「てっきりタイの新作メニューかおもた」などのコメントも見られた。

全国の「スターバックス ティー&カフェ」(関西では「ルクア大阪店」のみ)で販売される(無くなり次第終了)。