東西の駅弁の雄として知られる「崎陽軒」(本社:神奈川県横浜市)と「まねき食品」(本社:兵庫県姫路市)のコラボイベント『東西シウマイ食べ比べ』が5月4日、百貨店「阪神梅田本店」でスタートする。

崎陽軒×まねき食品という東西の駅弁会社がタッグを組んだ「関西シウマイ弁当」が、JR姫路駅の店舗で即完と話題を呼び、2022年3月には「阪神梅田本店」でも販売がスタート。そこで「シウマイだけ」「出来たてを」「横浜のものと食べ比べてみたい」との声が多く寄せられたため、同イベントが実現したという。

「関西シウマイ」は、関西人好みの昆布だしと鰹節の味わいが特徴。もう一方は、「崎陽軒」で90年以上愛されている「昔ながらのシウマイ」。どちらも崎陽軒でおなじみの醤油入れ「ひょうちゃん」が潜んでいる。

「店頭で蒸し、出来たてを食べ比べできる貴重な機会です。ご家族が集まるGWに合わせた特別企画なので、みなさんで楽しんでいただければ」と広報の甲村さん。

価格は各620円(15個入)。期間は5月10日まで、朝10時〜夜8時(最終日は夕方5時まで)。「阪神梅田本店」地下1階 エスカレーター前「阪神食品館 フードイベント」(551蓬莱の横)にて。