東京発のコーヒーショップ「GLITCH COFFEE(グリッチコーヒー)」(本社:東京都千代田区)が6月10日、「フェスティバルタワー」(大阪市北区)にオープンする。

2000年代から広まったサードウェーブコーヒー(コーヒーブームの第3波)の特徴である、浅煎りコーヒーを楽しめる同店。焙煎度合いを深くしないことで豆本来のフルーティーな酸味を楽しめ、さらにシングルオリジン(単一農園・単一品種)にこだわり、ブレンドは取り扱わないマニアックなラインアップとなっている。

東京、名古屋に続き3店舗目となる「大阪店」は、関西屈指のビジネス街である中之島に誕生。メニューは、ハンドドリップで丁寧に入れられる「ドリップ」(15種・700円〜2500円)のほか、2種チョイスする飲み比べ(1100円〜)などがスタンバイする。

店内はカウンター5席で、施設共有部座席あり。営業時間は朝8時〜夜7時、場所は「中之島フェスティバルタワー」ウエスト1F。6月2日〜9日にプレオープンが実施される。