淡路島の別荘地・うずしお台(兵庫県南あわじ市)に7月16日、移動カーオフィス付き貸別荘施設「淡路島C−Side」がオープン。ドッグヤード付きの1号棟を皮切りに、現在建築中の4棟を加えた全5棟が順次開業する。

■仕事の新しいスタイル「カーケーション」

同施設は、ワーケーションを進化させた「カーケーション」という新たなスタイル。その発想は、淡路島で戸建ての建売販売などを手がける不動産会社「リブレ」(兵庫県南あわじ市)が運営するWEBサイト『週刊ワーケーション関西』のなかで浮かび上がってきた「潮騒派ワーケーター」の存在がきっかけだ。

海辺で波の音を聴きながら仕事がしたいという彼(彼女)らの要望に加え、長年、不動産業を通して島のライフスタイルを知り尽くした同社が、貸別荘の利用状況も踏まえて構想を実現させたという。

全棟に1台完備されているのが、ガレージライフの世界観を落とし込んだ洗練のデザインで注目を集めるカスタムカーレーベル「ゴードン ミラー モータース」のワゴン車「GMLVAN C−01」。ヘビーデューティーなルックスはもとより、天然木を配したシンプルな車内空間には、デスクやWi−Fi、電源など、快適なカーケーションを叶える機能性が充実している。

「好きな場所で仕事をしたり、リラックスしたり。ワーケーションの進化版であるカーケーションで、全く新しい淡路島体験を自由自在に満喫してほしい」と、同施設の運営を担当する新居和穂さん。

「自家用車と併用することで、海辺のワーケーション部隊に、島の食材買い出し部隊、そして貸別荘でまったり部隊と、宿泊者それぞれの好みに合わせた淡路島時間を満喫できます」と語る。

貸別荘は、全5棟すべてが24帖のLDKと4つの寝室を備えた1組1棟貸切のモダン建築。各所に大胆な開口部が設けられ、滞在中はゲスト同士のプライベート空間を保つと同時に、淡路島の爽快な空と海を体感できる設計だ。

また各室にはリモートワークに適したデスクも配され、個別での仕事はもちろん、広々としたリビングにはグループセッションできる大きなテーブルも設置。企業などのオフサイトミーティング、グループ合宿など、さまざまなシーンで利用できそうだ。

■災害時のシェルターとしての側面も

どれも一見、かなり贅沢な造りとなっているが「そこにはもうひとつ、別の目的があるんです」と新居さん。実は「淡路島C−Side」のある港町・南あわじ市福良の市街地は、同社社長・鹿田淑子さんが生まれ育った町だ。

将来、予測される南海トラフ大地震発生時に備え、平時は福良の魅力体験装置でありながら、いざという時には地元の人たちのシェルターになるようにと、あえて寝室数を多く設定。

さらに移動カーオフィスは、Wi−Fi付きの災害対策基地として提供することも想定したものだと明かす。

そんな有事も見据えた同施設。ダイナミックな海を眺めながら会議ができる棟、静かな立地の棟など、各ロケーションの特性を生かしながら、ニーズに合わせて選ぶことができる4棟が、夏から秋にかけて続々とオープンを控えている。

すでに、京阪神はもちろん関東圏のゲストも増えつつあり、週末や連休を中心に徐々に完売の日程も増加中とのこと。1棟につき定員10名、オンライン決済のみで、大人2名での1泊2日は4万9500円〜。

取材・文/みやけなお