ゲーム制作会社「カプコン」(大阪市中央区)によるアンテナショップが11月11日、百貨店「大丸梅田店」(大阪市北区)内にオープン。関西初のカフェ併設店舗となる。

渋谷パルコ店・心斎橋パルコ店に続く国内3店舗目となる「カプコンストア」。大丸梅田店では、同社の人気キャラクターグッズのなかから、『モンスターハンター』と『バイオハザード』の商品をメインに取り扱うという。

さらに同ストアには、1つのコンテンツをテーマに限定メニューやグッズを販売する「カプコンカフェ」を併設。第1弾として、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』とのコラボレーションがおこなわれる。

SNSでは、「カフェもできるのアツい」「大金持って狩りに行かなくては!」「毎日通っちゃう」と、ファンが歓喜。さらに出店場所は、「ONE PIECE 麦わらストア」「ポケモンセンターオーサカ」などが入店する「大丸梅田店」の13階。アニメやゲーム好きにとってますます注目スポットとなりそうだ。

「カプコンストア&カフェ梅田店」は11月11日オープン予定、営業時間は朝10時〜夜8時。