2階フロア一帯が爽やかな香りに包まれている「香りの演出」を実施している百貨店「阪神梅田本店」(大阪市北区)。同フロアを訪れた客やSNSから反響を呼んでいる「阪神オリジナルの香り」が12月14日、個数限定で販売される。

2021年10月、先行オープン時に「再度訪れたいお気に入りの場所にしてほしい」とスタートした同取り組み。SNSでは「阪神の2階、アロマみたいな香りがする!」など反響があった。

「入ってきた瞬間にウキウキしてもらえるよう、入り口付近は少し強めに香りを送り込んでいます。何かおもてなしの演出をといろいろと試したなか、「香り」が意外にもお客さまから反応があり、売り場のスタッフに『この香りどこで売っている?』といった声が1日何人もあって」と、担当者。

なかにはお客様相談室に電話での問い合わせもあったという、脳裏に焼き付くこの香りは、イタリアの調香師とともに阪神百貨店が作り出したオリジナル。「毎日を幸せにする」という同百貨店のコンセプトから、来阪した調香師がフロアからイメージを膨らませ、試行錯誤しつつ完成したという。

使用する香りはすべて天然香料、イタリア産ベルガモットやエジプト産ジャスミン、ホワイトムスクやイチジクなど、香りの強さから産地にまでこだわった香りをブレンドし、みずみずしい香りとなっている。

反響のあったこの香りが今回、ルームディフューザーとなって登場。同百貨店の2階 化粧品売り場「C.CUBE」にて、12月14日より300個限定で販売される。価格は1万3970円(200ml)。香りの持続は約3〜4カ月(湿度や温度により異なる)。