生活雑貨に食品、そしてアパレルなどのプライベートブランドを手がける「無印良品」(代表:堂前宣夫)は3月3日、新たな女性用下着を発売した。

これまでも「感じ良い暮らしと社会」の実現に向け、毎日着用するインナーウェアの企画に注力してきた同ブランド。今回は女性のさまざまな悩みのうち「バスト」と「生理」に着目。快適な毎日をサポートする「ブラジャー」と「ショーツ」の販売に至ったという。

近年、「ユニクロ」や「GU」など大手メーカーも参入を始めた「吸水サニタリーショーツ」は、「次世代型サニタリーショーツ」とも呼ばれ、ショーツ本体にも吸水性がありモレへの不安を軽減、ナプキンなどとも併用可能だ。洗濯可能なので繰り返し使え環境配慮にもつながることから、注目されている。

今回、発売される「吸水サニタリーショーツ」は、4層構造で吸水性やフィット感などを追求。吸水量や着用シーンによって選べる大人用2タイプと、ティーン向け1種類の合計3種類でスタンバイ。

大人用はボトムスでも目立ちにくい「ひびきにくい吸水サニタリーショーツ」(2990円)と、蒸れにくい「なめらか吸水サニタリーショーツ」(1990円)、そして、生理周期が安定しないティーン向けの「ポケット付き吸水サニタリーショーツ」(1990円)が用意されている。

また、「左右差を調節するブラジャー」(3990円)は、無理な締付けや体へのストレスが軽減されるような仕組みとなっている。販売は全国の「無印良品」店舗、公式サイトにて。