江戸後期から続く老舗茶屋「伊藤久右衛門」(本社:京都府宇治市)から、抹茶パティシエ手作りの「宇治抹茶スイーツおせち」が50セット限定で登場。2022年は購入できなかった人が続出したとのことで、今年も争奪戦となりそうだ。

同社本店に併設された「宇治菓子工房」にて、抹茶パティシエがひとつひとつ手作りする同商品。有田みかんを贅沢に使った和素材のケーキ「宇治抹茶アムール・ド・ミカン」をはじめ、宇治抹茶シャンパーニュや、2種の生クリームをブレンドしたロールケーキなど、見た目も華やかで独創的な7種類の宇治抹茶スイーツが詰め込まれている。

2022年には「追加販売してほしい」との声もあったようだが、手作りのため用意できる数は50セット限定で、価格は1万5000円(送料込)。11月18日・昼3時までに公式オンラインショップのメールマガジン登録者に、後日詳細が案内されるという。