ロングセラーアイス「ガリガリ君」(赤城乳業)シリーズから、なめらかな食感の新商品「ソフト君伝説のロイヤルミルクティー」が登場。12月12日より全国で発売される。

40年以上国民的アイスとして愛され続ける「ガリガリ君」は、これまでに160種以上のフレーバーを発表。アイスクリームの種類で「氷菓タイプ」のものが多くを占めるが、「ソフト君」は乳脂肪分が最も多く含まれる、口溶け滑らかな「アイスクリームタイプ」となっている。

ガリガリ君シリーズ全体では14年ぶりのミルクティー味となる同商品は、北海道産生クリームやアッサム茶葉を使用した濃厚な風味が特徴。内側のミルクティーアイスは、細かな氷と濃厚なミルクティーアイスクリームを混合し、ソフトな食感にこだわったという。

ちなみに「ソフト君」とは、2021年に30年ぶりに復活を遂げた、ガリガリ君の「いとこ」。その後ミルク味やチョコ味が発売されているものの、今回もSNSには「ガリガリ君にいとこいたの!?知らなかった・・・」とまだまだ知名度は低いようだ。