エクセルの操作をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル「おさとエクセル」。今回からはエクセルから脱線して、注目のWebサービス「VALU」を紹介します。本パートではVALUを始めるには必須のビットコイン購入方法について実際にレクチャーしました。

ビットコインを実際に購入

おさ氏:はい、みなさんこんにちは。「おさとVALU」のおさです。

今日は「VALUの始め方」第3弾ということで、実際にbitFlyerさんを使って、どうやってビットコインを買うか、ご紹介させてもらいます。

youtu.be-VH6_ojl8V0U

こちらのログインボタンを押すと、こういった画面が出てきます。ご自身のメルアドとパスワードを打ってください。

今、bitFlyerさんが取り扱っているのは、ビットコインとイーサリアムとイーサリアム・クラシックとライトコイン。この4つですね。

VALUを使うためには、このビットコイン「BTC」と呼ばれるものを調達する必要があります。BTCを調達するためには、ビットコインの販売所から買うか、ビットコインの取引所から買うか、bitFlyer Lightningで取引をするか。この3択になります。

私が今回買うのはビットコイン販売所になります。こちら見ていきますと、ビットコインを普通にbitFlyerさんから買うことができます。

youtu.be-VH6_ojl8V0U (2)

今ですと、購入価格が30万9122円になりましたね。けっこうタイムリーに変わるので、自分が何ビットコイン買うか、ここで注文します。

youtu.be-VH6_ojl8V0U (4)

1ビットコイン買うとこういう価格ですし、1ビットコイン買うには足りないな、というところだと0.1ビットコインでも十分ですし。あるいは0.01単位で買うこともできます。

youtu.be-VH6_ojl8V0U (5)

おそらく0.01以下の単位で買うこともできるんでしょうけど、あまり意味はありません。VALUを使っていく中で一番安値というのが、0.0007とかですので、0.0001とかで買っても、思うように他の方のVALUは買うことができませんので。

0.1とかでもいいと思いますので、ある程度まとめてコインを買うというボタンを押していただくと、実際に取引をして、ビットコインを調達することができます。

ここまできたらあとは送金をするというプロセスに入っていきます。

これはまた別のかたちでbitFlyerがどのような使い方ができるのかを、次回の動画でご紹介していきますので、今日はこのあたりで。どうもありがとうございました。