VALUの始め方をレクチャーするYouTubeチャンネル「おさとVALU」。本パートではVALUへ、売り手として上場承認をするにはどうするればいいかを紹介しました。

VALUの上場承認とは

はい、みなさんこんにちには。「おさとVALU」のおさです。

VALUの始め方シリーズ最後の動画として、みなさんが売り手になるためにはどうするればいいか? その手続について説明させていただきます。

具体的な方法はシンプルです。みなさん個人がVALU社に対して、「すいません、上場承認ください」という届け出を出します。

11 (1)

届け出といっても、この画面上でやるんですけども、私は承認が下りてしまってるので、そのタブが、確かですけどこのあたりに承認ボタンがあったはずです。

それを終えたら1週間ほどで「あなたには何VAあげます」「そのVAはこれだけの価格で売る権利を与えます」みたいなかたちでVALU社から上場承認が下りてきます。

11 (2)

その承認が下りると、どのような具体的に見え方になるか。私のやつで例をあげると、(画面の)下の方を見ていきましょう。

11 (3)

最新情報を見ていくと現在値とか最初の価格とかは違うんですが、私の総発行VA数は1,000です。このVA数はFacebookの友だちの数などにリンクしていると言われています。例えば100VAしか発行されない人、1,000VAだけの人、あるいは5,000VAだったり5万VAの人などは最初の段階でデフォルトで決まっています。

11 (4)

現時点では分割機能などがないので、付与されたVA数が現時点での総発行VA数になっています。現時点でのVALUER数が僕の場合は10人いますけど、みなさんは最初は0人だといいうイメージですね。

11 (5)

ここを見ていただければわかるんですが、年初来での安値が504JPYと書いてありますね。今JPY表記になっているんで、日本円で書かれているんですが。

11 (6)

実際には年初来安値、0.00167BTC(ビットコイン)で最初売り出しています。最初のVALUERさんが僕の1VAを0.00167BTCで買ったということが書かれていますね。

というわけでみなさん個人がVALU社に上場承認されると、こういったかたちで自分のデータがスタッツとして出てきます。総発行VA数を見ていただくのと、VALUER数が0を確認すると取引を始めていただくだけです。

VALUの売り方、買い方は別の動画で紹介させていただくので、ぜひそちらも見てみてください。今日はどうもありがとうございました。