東京オリンピック・パラリンピック自転車競技の警備や警戒にあたった関係団体に感謝状が贈呈されました。

静岡・御殿場市で18日に開かれた贈呈式には、静岡県駿東猟友会の小山支部や御殿場支部、富士スピードウェイなど10団体の代表者が参加。県警察本部長の山本和毅警視監から感謝状が手渡され「野生動物の警戒や警備の徹底など、ひとかたならぬ支援を賜った」と感謝を伝えました。

県駿東猟友会小山支部長 小野智弘さん
「苦労したというよりパラリンピックを見たら感動してしまういい経験をさせてもらった」

22日にはベロドローム周辺でパトロールにあたったボランティアにも感謝状が贈呈される予定です。