焼津漁港で起きた冷凍カツオ窃盗事件の第3ルートをめぐり警察は水産加工会社の元常務ら2人を別の窃盗にも関与したとして22日再逮捕しました。

久須美舞記者:
「午前10時過ぎです。今4人の捜査員らが建物に入っていきます」

再逮捕されたのは焼津市の水産加工会社元常務の男(44)と焼津市の運送会社社長の男(61)です。

警察によりますと2人は去年3月17日、共謀して焼津漁港で宮城県の船会社が水揚げした冷凍カツオおよそ28トン(時価460万円相当)を盗んだ疑いが持たれています。

警察は22日午前、水産加工会社元常務の男の当時の勤務先の会社を家宅捜索しました。

2人はこれまでに焼津漁港で水揚げされた別の冷凍カツオ窃盗事件にも関与した疑いで逮捕されています。