世界で活躍するアスリートに市民栄誉賞が贈られました。

富士市出身の体操の芦川うらら選手は、東京オリンピックで6位入賞、先月の世界体操では平均台で日本勢67年ぶりとなる金メダルを獲得しました。

授与式では、小長井義正市長から賞状と記念品が手渡されました。

芦川うらら選手:「こんなに素晴らしい賞を自分が受けることができてうれしく思う。これからも変わることなく頑張るので応援よろしくお願いします」

富士市の市民栄誉賞は、ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏に続いて2人目です。