官公庁や多くの民間企業で仕事始めとなった4日、静岡県庁でも2年ぶりとなる仕事始めの式が行われました。

午前10時県庁で行われた仕事始めの式には幹部職員ら60人が参加し、川勝知事が年頭のあいさつをしました。

川勝平太知事:「令和の時代にふさわしい地域づくりをこれからしていく。それに応じた形で人々に安全と安心と幸せをもたらすような政策を各部局で知恵を出し合って人々を幸せにしていこう」

去年は新型コロナの影響で中止となった仕事始めの式、今年は参加する職員を減らして開催しました。

川勝知事は、新型コロナ対策についてワクチン接種と検査体制の拡充を行い、防疫先進県を目指すと話しました。