参議院静岡選挙区の補欠選挙の日程が、10月7日告示、24日投開票と決まりました。

参院補選は、前議員が6月の静岡県知事選挙に立候補するため辞職したことに伴うもので、19日、県選挙管理委員会はその日程を10月7日告示、24日投開票と決めました。

これまでに、参院補選には、国民民主党県連や連合静岡などが推薦を決めた浜松市中区選出の山崎真之輔県議(39)と自民党県連が公募で擁立を決めた御殿場市の若林洋平市長がそれぞれ立候補を表明しています。若林市長は20日、退職申出書を提出しています。