県内の雇用情勢は依然として厳しい状況が
明らかになりました。

静岡労働局によりますと、
去年12月の県内の有効求人倍率は0・96倍で
前の月と並び7ヵ月連続で1倍以下となりました。
全国の1・06倍を21ヵ月連続で下回っています。

新型コロナの影響で厳しい雇用情勢が浮き彫りとなった形で
新規求人数も前の年の同じ月と比べて
25カ月連続で減少しています。

特に
「生活関連サービス業、娯楽業」でおよそ4割、
「宿泊業・飲食サービス業」でも
3割以上の減少となっています。