5連敗中のエスパルスは4連敗中の鳥栖と、連敗脱出をかけて対戦しました。

なかなか浮上のきっかけがつかめない17位のエスパルス、15位鳥栖をホームに迎えました。

まずは前半5分、ルーキー鈴木のスルーパスに抜け出したカルリーニョス。しかしシュートには持ち込めません。

その後は完全に鳥栖にペースを握られます。10分のコーナーキックは西沢がライン上で間一髪クリア。

25分のミドルシュートは梅田がセーブ、前半をなんとか0−0で折り返します。

そして後半26分、エスパルス西沢のコーナーキック。ファーで合わせたのはヴァウド。「1週間練習してきた」というヴァウドの今シーズン3点目で先制します。

このまま逃げ切りたいエスパルスでしたが、後半40分。
サイドから入ったクロスボールをクリアしきれず、鳥栖の林に決められドロー。連敗は5で止めましたが、6試合勝ちなしとなりました。

【結果】清水 1−1 鳥栖