リニア中央新幹線工事による大井川の水問題を議論する静岡県の専門部会が15日、県庁で開かれました。

会議では7日に行われた国の有識者会議の報告がありました。その中で県は、JR東海側から大井川流域の水の循環図が提出されたことなどを評価しました。一方で、精度に限界のある解析モデルで、河川流量の変化を結論付けることに懸念を示しました。

委員からは「トンネル工事での突発湧水の議論が不十分である」との意見が出されました。

県は議論を取りまとめ、大井川流域市町などと調整したうえで、国交省に対し、県の意見として提出する方針です。