いわゆる袴田事件の第4回再審公判が静岡地裁で行われています。弁護団は午後、再審の最大の争点となっている5点の衣類の実物を法廷で示す予定です。

 袴田巌さん(87)は1966年旧清水市で一家4人を殺害したなどとして死刑が確定しています。

 4回目の再審公判の11日、姉のひで子さんは午前10時半ごろ弁護団とともに静岡地裁に入りました。

 午前は検察側が前回に続き、5点の衣類は袴田さんの犯行着衣だと立証しています。

 これに対し弁護側は、午後から5点の衣類の一部を法廷で示し、ズボンのサイズがステテコよりも小さいことなどを指摘して、改めて5点の衣類がねつ造されたものであると主張する方針です。