航空自衛隊浜松基地は、静岡県熱海市で起きた土石流災害で出動した基地所属の災害救助犬を公開しました。

熱海市の土石流災害で活動したのは、ジャーマンシェパードのメスの「アナ」5歳と、ラブラドールリトリバーの
オスの「ジャッキー」5歳です。
発生から1か月近くを迎える現場では、今もなお5人の行方不明者の捜索が続けられていて、
アナとジャッキーは土砂で体が泥まみれになりながらも、捜索に活躍しました。
救助犬を訓練する浜松基地のハンドラーによりますと、多くのガレキをかき分ける捜索で疲労が激しく、過酷で危険な現場だったということです。