リニア問題の部分開業を巡り、JR東海と静岡県の川勝平太知事の間で論争が激しくなっています。双方の考えていることとは…。

川勝知事「(走れるのに)営業しないんですか」

静岡・川勝平太知事(29日):「名古屋までも部分開業なんですね。それを全線開通するまでにどういう工程で、このリニア工事を進めていくということは、今、誰も分からなくなりました」

 29日の川勝知事の定例会見。リニアに関する見解について、「部分開業」という言葉を強調しました。

静岡・川勝平太知事(29日):「2027年までには南アルプスは出来ないと言っているわけだが、それ以外のところができるということ。そうすると、実験線が一番近い駅2つということもあるし、それから甲府から品川まで、これもできているってことだから、じゃあ、それを営業しないんですかと言うことは、かなり疑問出てくる」

静岡・川勝平太知事

JR「困惑している」

JR東海 木村中専務執行役員(24日 静岡市):「当社が進める中央新幹線について、静岡県知事のほうから様々な発言があって、いささか誤解がある、私どもは大変困惑をしている状況」

 先週、異例の記者説明会を開き、「困惑している」と表現したJR東海。その根本にあるのが、リニアの開業時期をめぐるこの「部分開業論争」なのです。

JR東海 木村中専務執行役員

川勝知事「甲府から品川までサービスしたらいいのでは」

 これまでJR東海が頑なに否定してきた“部分開業”。これに対し、川勝知事は29日の会見で疑問を投げかけたのです。

静岡・川勝平太知事(29日):「なぜ2027年以降であるかの説明が、静岡工区が遅れているためだということだったので、言い換えると2027年までに東京から山梨まで、また長野から愛知までは完成できるということ。しかし、それは使わないと。なぜかというと、名古屋までつながっていないから。どう考えますかね? ですから、考え方によっては、甲府から品川までサービスしたらいいのではという意見が出てくるのもありえる」

 つまり、静岡を挟んで東西のエリアではリニアが運行できる状態になるため、だったら営業すれば良いというのが川勝知事の考え方です。

JR「新幹線と交わらない部分開業はリニアを進める目的からもない」

 ただ、JR東海側は先週開かれた川勝知事に対する「反撃会見」で、“リニアを開業する目的”をあげています。

JR東海 木村中専務執行役員(24日 静岡市):「やはり、新幹線と交差している品川‐名古屋が、第1局面として行って、これも最小単位と言えると思うが、その上で品川‐名古屋‐大阪を結んでいくということで、この東海道新幹線と交わらないような部分で部分開業を行っていくというのは、そもそもその機能は、私どものこれを進めてる目的からしても、そういったことはないということ」

 リニア新幹線の開業目的の1つに、現在の東海道新幹線の「のぞみ」機能をリニアに移管する狙いがあります。つまり、これは品川〜名古屋間を通すことで初めて意味を成すというのが、JR東海側の考え方です。

川勝知事「静岡工区以外も2027年に間に合わないのでは」

 一方で、川勝知事は静岡工区以外の工事も、2027年に間に合わないのではと指摘しています。

 JR東海によると、去年9月末時点で全線の用地取得率はおよそ70%。発生土の活用先については80%が確定しているといいます。

静岡・川勝平太知事(29日):「まだ、私は土地の取得が完成してないと思うが、それが2027年までにできるとおっしゃってる。どういうふうにして、その車両基地が完成、あと3年でできるんですか、というのは当然の疑問。できるという断定ではなくて、どういう工程でなさるんですか? という、これもひとつの疑問」

「部分開業」以外の案も?

 「部分開業」がリニア問題の解決策になるとしてきた川勝知事ですが、記者からはこんな質問が投げかけられました。

記者「部分開業は、可能性としてほぼゼロに等しいと思うので、そういったもの以外のアイデア何かあるんですか?

静岡・川勝平太知事(29日):「それは持っていますけど。今、下駄はJR東海さんが検討を始めたわけですからね」

記者「それはちょっと今は言えない?」
川勝知事「ん?」
記者「考えは言えない?」
川勝知事「まあ検討をまちたいと思います。もし相談に乗ってくれたら、即座に相談に乗ります」
                                    

静岡・川勝平太知事