静岡県議会の自民改革会議が、県への予算要望に対する回答の場で、川勝平太知事の姿勢について苦言を呈しました。

背景に能登地震対応の会議に静岡県知事だけ欠席

自民改革会議 増田享大代表:「この大事な予算折衝の場で、知事でなく出野副知事から回答をいただくという、ここに至った事情を当局側のみなさんもよくよく肝に銘じていただいて、これから事にあたっていただきたいと思う」

川勝知事「支援に支障がなかった」

 その後の会見で知事は…

静岡・川勝平太知事:「賀詞交歓会で静岡県が(被災地に対して)行っていることを説明するということで、そちらを優先した。(会議は)代理出席も可能ということだったので、支援に一切支障がなかったと考えている」

静岡・川勝平太知事

ふじのくに県民クラブ「知事と忌憚なく話する関係になってほしい」

 一方、知事に近い会派のふじのくに県民クラブとの予算折衝の場には、川勝知事が姿を現しました。

ふじのくに県民クラブ 田口章会長:「やはり(知事は)行政当局のトップリーダーであるので、知事と忌憚なく話をするという関係に私はなってほしいなと思うけれども、ちょっと残念ですね、そういった意味では」

ふじのくに県民クラブ 田口章会長