リニア新幹線の工事を巡り静岡県内の自治体のトップから様々な意見がとび静岡県内が揺れています。いったい何が起きているのでしょうか。

静岡市長:
「開業時期についてあまり言及する必要はない」

 静岡市長の”けん制”に加えて、この人からも・・・。

島田市長:
「やはりそこは分をわきまえて」

 静岡が今、揺れています。

島田市 染谷市長 1日
「知事は政治家としてご発言されている部分もおありなんだろうと思うので、そこについて私がとやかくいうことではありませんが、でもそれぞれ自分たちは自治体として言える権限がある」

 川勝知事について言及した島田市の染谷市長。

 いったい何のことかと言うと・・・。

川勝知事 1月29日
「なぜ(開業時期が)2027年以降になったのかの説明が、静岡工区が遅れているためだということだったので、言い換えると、2027年までに東京から山梨まで、また長野から愛知までは完成できるということ」

 リニア新幹線の開業時期をめぐり、川勝知事が提唱しているのが、静岡工区以外を先に開業するという「部分開業」論。

 ただ、JR東海はこれを完全否定し、静岡県との間には大きな溝が生まれています。

 それでも持論を展開し続ける川勝知事に、一石を投じたのが静岡市の難波市長です。

静岡市 難波喬司市長 1日
「繰り返しにはなるが、静岡は止まらないので、リニアが。開業時期についてあまり言及する必要はない」

 かつての部下でもある難波市長から、けん制された形の川勝知事。