川勝知事「部分開業」主張

静岡県 川勝平太知事(1月29日):「名古屋までも部分開業なんですね。全線開業以外のものは。途中までになると、部分開業です。まあですから、それ先行開業とか言って、部分開業とは言ってない。でも中身は部分開業ですね。ですから、それを全線開通するまでにどういう工程で、リニア工事を進めていくということは、今、誰も分からなくなりました」

JR東海「知事にいささか誤解がある」

 品川から名古屋までを「2027年以降」に開業するリニア計画。当初の「2027年」から開業時期の表現が改められたことで、今、静岡県とJR東海との間に大きな溝が生まれているのです。

JR東海 木村中専務執行役員(1月24日 静岡市):「当社が進める中央新幹線について、静岡県知事のほうから様々な発言があって、いささか誤解がある、私どもは大変困惑をしている状況」

JR東海 木村中専務執行役員

川勝知事、JR東海に反論

 先週、これまでの川勝知事の発言に対して「困惑している」と反論するような会見を開いたJR東海。知事はこのJR東海の「反論」に「反論」しました。

静岡県 川勝平太知事(1月29日):「別に事実を誤認しているわけではないでしょ。事実誤認という言葉が一人歩きしないようにしてください。何の事実を誤認しているのか明確に言って質問してください」

JRの目的は「のぞみ」機能のリニアへの移管

 ただ、JR東海側は先週開かれた川勝知事に対する「反撃会見」で、“リニアを開業する目的”をあげています。

JR東海 木村中専務執行役員(1月24日 静岡市):「やはり新幹線と交差している品川‐名古屋が、第1局面として行って、これも最小単位と言えると思うが、その上で、品川‐名古屋‐大阪を結んでいくということで、この東海道新幹線と交わらないような部分で部分開業を行っていくというのは、そもそも、その機能は私どものこれを進めてる目的からしても、そういったことはないということ」

リニア開業の目的

知事「静岡工区以外にも厳しい工区」

静岡県 川勝平太知事(1月29日):「まだ私は土地の取得が完成してないと思うが、それが2027年までにできるとおっしゃってる。どういうふうにして、その車両基地が完成、あと3年でできるんですかというのは当然の疑問。できるという断定ではなくて、どういう工程でなさるんですかという、これもひとつの疑問」

さらに…。

静岡県 川勝平太知事(2月2日):「静岡工区以外の一部の工区についても工区が厳しく、タイトになってきていると社長さんが述べておられて、工事全体の進め方を再検討しているとのことでございましたが、日本全体に関わることなので、東京から名古屋経由して大阪までというのを、どういう工程で進める予定ですかというのは誰も知りたいと思うんですね。どうでしょうか」

 実際、川勝知事が部分開業を主張している神奈川県では、去年9月末時点で車両基地の用地取得は全体の7割の状態で、山梨県内でも駅の工事はまだ始まっていません。

静岡・難波市長「静岡に止まらない。開業時期に言及する必要はない」

 こうしたJR東海と川勝知事との対立について1日、かつての部下、静岡市の難波喬司市長が言及しました。

静岡市 難波喬司市長(1日)
Q.(川勝知事とJR東海の)考えの不一致については?
A.「開業時期は、JR東海が自社の事業としてやることなので、いつどういう方法でどう開業するかはJR東海が決めること。ただ、これは社会的に影響のある事業なので、地域の要望というのは聞いていただくというのが大事だと思うので、ただし、静岡には止まらないので、リニアが。静岡の声を聞いても何も聞くことはない」

 このように指摘。さらに、静岡県側に対して再度“けん制”しました。

静岡市 難波喬司市長(1日):「繰り返しにはなるが、静岡は止まりませんので、リニアが。開業時期についてあまり言及する必要はない」

静岡市 難波喬司市長