静岡県はプロ野球2軍の新球団・くふうハヤテベンチャーズ静岡とスポーツに関する連携協定を締結しました。

 静岡県庁で行われた締結式では、県スポーツ文化観光部の村松毅彦部長と、くふうハヤテベンチャーズ静岡の池田省吾球団社長が、協定書にサインをしました。

 連携協定の締結は県内のプロスポーツチームではラグビーリーグワンの静岡ブルーレヴズに続いて2例目で、今後は野球教室の開催や子どもたちを含めた県民の試合招待など、スポーツを通じた地域の活性化に向けた連携を、強化していきます。

ハヤテ 池田省吾球団社長:
「この協定をもって、さらにそういった活動を県全域で増やしていただいて、県民の皆さんと近い距離の球団というところで、根を張らせていただければと思います」

 くふうハヤテベンチャーズ静岡は現在、静岡市内でキャンプ中で、2月末には初めての練習試合を行う予定です。