リニア新幹線工事に伴う環境への影響を評価する静岡市の協議会で、市が示した検討の進め方について大きな異論は出ませんでした。

 リニア新幹線工事に伴う環境への影響について話し合う静岡市の協議会で、検討の進め方がまとまりました。国の有識者会議が去年12月にまとめた南アルプスの環境保全の報告書に対して、静岡市が示した課題についても委員から大きな異論は出ませんでした。

 今後について難波市長は。

静岡市 難波喬司市長:「我々の見解に対して、JR東海がどういうふうに考えているのかということを意見交換して、専門家とJR東海と市が一緒になって話し合いをして、課題を詰めていくのが大事」