実現すれば全国初となる医学系の大学院大学設置に向け、検討をする準備委員会が、川勝知事に対し基本構想を提言しました。

 この準備委員会は、医科大学院大学の設置を目指し、静岡県立病院機構の田中一成理事長など有識者らで構成され、おととし3月から7回にわたり会議を開きました。

 静岡県は新たに医学研究の拠点を整備することで、全国から若手の医師を呼び込み、県内の医師数を確保することを目指していて、19日は会議でまとまった医科大学院大学の必要性や、基本理念など基本構想が知事に提言されました。

準備委員会 田中一成委員長:
「どういう先生方を獲得できるかとそういった問題があり、実際に進むのはこれからだと思う。(教員の確保について)財政的なサポートを県がどれほどしてくださるかということも大きいと思う」

 医学部を持たない医科系の大学院大学は前例がなく、国に認められれば全国初となります。

 県はこの提言を受け、別の組織を立ち上げ、引き続き詳しい内容について検討を進めるとしています。