静岡市教育委員会は中学生にわいせつな行為を行ったとして、教諭ら2人を懲戒免職処分したと発表しました。

 25日付けで懲戒免職処分となったのは、静岡市立の中学校の男性教諭と、特別支援教育支援員の女性です。

 静岡市教育委員会によりますと、男性教諭は今年度、勤務時間内に生徒1人と2人きりになった際、抱きしめるなどの体を触る行為を繰り返し行ったということです。

 被害に遭った生徒の保護者から校長に相談があり、発覚しました。

 また、支援員の女性は先月から今月にかけて、勤務時間外に勤務先の生徒と車の中で複数回にわたりわいせつな行為を行ったということです。

 いずれも市教委の聞き取りに対し、「申し訳ないことをした」などと話しているということです。

 この他監督責任を問い、2人の勤務先の校長を文書戒告の処分としました。

 赤堀文宣教育長は「学校教育に対する信頼を大きく失墜させてしまい、大変遺憾。不祥事根絶に向け、信頼回復に努める」とコメントしています。

静岡市役所