リニア新幹線の工事に伴う環境への影響を評価する静岡市の協議会で、市は植生への影響の代償措置の考え方を初めて委員に提示しました。

 9日開かれた静岡市の協議会で、難波市長は「環境への影響を調べるシミュレーションには、不確実性があることを認識する必要がある」との見解を示した上で。

静岡市 難波喬司市長:
「回避・低減策は薬液注入しかないので、薬液注入が効かなかったら、回避・低減できなくて沢に影響が出るわけです。沢に影響が出ることを前提にすると、代償措置しかないわけです」

 難波市長は植生への影響が出ることを前提に、代償措置をJR東海に求めたい考えを初めて委員に提示しました。

 JR東海は「前向きに検討する」としています。