静岡県熱海市で去年発生した大規模な土石流から3日で半年です。 現場では黙とうが捧げられ、未だ行方が分からない1人の捜索が続いています。

土石流災害の現場となった熱海市伊豆山では3日午前10時半ごろ、
被災者らが集まり犠牲者を悼み黙とうを捧げました。

母を亡くした瀬下雄史さん
「まだときどき思い出しては眠れない夜もありますし、苦しみは続いている。率直にもう半年たったんだなと。それだけです」

高橋諒記者
「きょうで発災から半年を迎えます。現在も行方不明者の捜索活動が続けられています」

去年7月3日に熱海市で発生した土石流災害では、
26人が犠牲になり、未だ太田和子さんの行方が分かっていません。

[https://youtu.be/StUbfpdNx0U]