静岡市の職員 午前8時すぎ
「もしもし 大変お待たせしました。お電話代わりました。ワクチン接種推進本部に代わりましたけど」
「・・先に進まないということですね、そこから」

きょうから予約受付開始

こちらはけさの静岡市役所。電話対応に追われていたのはワクチンの接種予約を担当する事務局の職員です。
静岡市ではきょうから19歳から49歳の一般接種の予約が始まり、ようやく全世代で新型コロナワクチンの接種予約ができるようになりました。予約は専用サイトやコールセンターで受け付けていて、事務局には朝から予約方法に関する問い合わせが寄せられていました。

中には、直接市役所を訪ねてきた人も…。仕事中の40代の娘に代わって予約しようとしましたが、うまくいかないといいます。

市民「予約システム・・・」
職員「そうです そこですね・・・・いま券とか持っていれば実際に・・・」
市民「カタカナで?」
職員「はい」
職員「いま英語になっちゃってる・・・」
市民「カタカナにならないなあ・・・」
職員「入力内容を確認します。そうしたらパスワードが変わるので、今度からこちらのパスワードを入れて、ログインしていただくようになります」

どうやら以前に自分が予約したときに設定したパスワードがサイト上に保存されていて、予約サイトにうまくログインできなかったようです。

娘(40代)に代わって予約をした人
「パスワードは変えないといけないが、変える方法が全く分からなかったので、まさかそうなっているとは思わなかったので」
Q「無事予約が取れてどうですか?」
「安心しました」

きょうから予約できるようになったのは、19歳以上の市民およそ7万3000人。午前8時半から正午までに3万4300件の予約があったそうです。

静岡市は11月7日までに…

静岡市
松田仁之保健所統括監:「8月の頭から、予約システムそのものを入れ替えているので、予約のしやすさというのは改善されていると思っている。今までいろんなトラブルがありまして、若干県とか国の接種率に追いついていないという状況があるが、今回静岡市の第四クール、その中でしっかり希望者の方全てにワクチンを打っていきたいと考えている」

静岡市 田辺市長(直近の会見)
静岡市は11月7日までに希望する市民への接種を終えたいとしています。

市民の声は…

須藤アナウンサー:「きょうから静岡市のワクチン接種を希望する全世代の人の予約が可能となりました、市民からは日常が戻ってくることを期待する声も聞こえてきます」

静岡市民40代 男性:「思いのほかシステムがダウンすることもなく、意外にスムーズに予約が取れた。接種率が50%を超えていっている中で、自分達だけ取り残されている感があったので一安心した。旅行とか自粛しているので再開できたらいいなと思う」

静岡市民20代 女性:「打った方がいいと言っているくせに、私20代なんですけど、予約するまでに時間がかかっているなと思って、もっと早く打てればなと思っていた」
Q:予約のページを開いてみた?
「はい、開いてみて接種番号も入力したけど、その後個人情報入力したりとかがちょっと手間かかると思って、子どもがぐずり出したのでお昼寝したタイミングでやろうと思う。全然遊びに行けてないので遊びに行きたいのが一番」

静岡市民 30代男性 20代女性
Q:今日から静岡市民の40代以下のワクチン接種の予約が始まるのを知っていた?
「いや知りませんでした。大半の方が占める年代が打てるようになる結構なビックニュースなのに、僕もニュースを知らない。見てないというのはあるけど、ネットのニュースで一番に出てきてもおかしくないくらいのビックニュースなのに告知が確かに少ない印象はある。海外にも知り合いがいてイタリアだと、今年の2月にもう大分終わっていて、それを聞いてきょうから40代のスタートはすごく遅い」