浜松市で交通事故を装い、女性から示談金として100万円以上をだまし取ったとして男3人が再逮捕されました。

詐欺などの疑いで再逮捕されたのは、浜松市北区の22歳の会社員の男とともに住所不定・無職の22歳の男と21歳の男の3人です。

3人は9月中旬、浜松市内で共謀し、容疑者の1人が運転する車で、歩いていた別の容疑者をはねる事故を起こしたように装い、車に同乗していた女性(22)にも責任があるなどとし、100万円以上の示談金をだまし取った疑いがもたれています。

3人は同様の手口で今月上旬にも逮捕されていて、警察がスマートフォンなどの証拠品を調べるなかで今回の事件が発覚しました。被害にあった女性は3人のうちのいずれかと高校の同級生だったということです。

警察は3人が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。