静岡県東部の箱根峠で、時速100キロを超えるスピードを出すなど、集団で危険な運転をしたとして、いわゆる「ローリング族」の男ら4人が逮捕されました。

急カーブの山道を猛スピードで駆け上がる4台の車。道交法違反の疑いで逮捕されたのは、静岡県伊豆市の21歳の会社員の男ら同年代のあわせて4人です。

警察によりますと、容疑者の男らは去年8月下旬の夜、静岡県三島市と函南町にまたがる箱根峠の国道1号を車4台で高速で走行し、危険な運転をした疑いが持たれています。

容疑者の男らは法定速度50キロの国道を時速100キロ以上のスピードを出して走行し、他の車を追い越しながら競走をしていたということです。

山中自治会 金子正毅会長:「身の危険を感じる。後ろから追いかけられたら、車をよけて通り過ぎてもらうということも何回もあった」

現場の国道沿いに住む金子正毅さん。この道は集団での危険な運転いわゆるローリング行為が繰り返される場所だといいます。近隣住民は長年、この問題に悩まされ、市に何度も取り締まりを要望してきました。

山中自治会 金子正毅会長:「夜10時すぎから明け方まで、ほとんど間断なく、いくつかのグループが道路上で、まさにカーレースのようにスピードを競っている。そういう状態で、夜寝付けないということもあった」

去年11月、別の男4人が今回と同じ容疑で逮捕されたことを受けて、ローリング行為は一時期、収まったといいます。それでも根絶には至っていません。

山中自治会 金子正毅会長:「12月の末あたり、天気のいい日に音がしたこともあった。若い人にしっかり交通ルールを守ってもらって、人への迷惑も考えてもらいたいなと思う」

警察はこうした危険運転の取り締まりを今後も強化していく、としています。