藤井聡太五冠の竜王としての初めての防衛戦の対局がこの秋、静岡県富士宮市で行われることが20日に発表されました。

竜王は将棋界最高位のタイトルとされ、藤井五冠は去年初めて獲得。竜王として初めての防衛戦は、10月から全国各地で7番勝負が行われます。日本将棋連盟は20日、第3局を10月28日と29日の2日間、富士宮市野中の「割烹旅館たちばな」で開催すると発表しました。対局室の宝永は、天気が良ければ市街地と富士山の裾野まで一望できます。地元の駒師が掘った将棋の駒を、ふるさと納税の返礼品にしている富士宮市。来月市政80周年を迎えることから、記念事業としてタイトル戦を誘致してきました。

富士宮市
須藤秀忠市長:「素晴らしい対局を富士山の麓でやっていただきたいと、常々思っていた。それが実現できて本当に良かった。おいしいものがたくさんあるところですから、食の街ということを全国に広げていきたいと思っている」

対局当日には、交流イベントなどを予定しているということです。