息子の頭を包丁で切りつけ殺害しようとしたとして、逮捕された88歳の男性について静岡地検沼津支部は不起訴処分にしました。

静岡県富士市に住む88歳の無職の男性は4日午後、自宅で59歳の長男の頭を包丁で切りつけ殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いで逮捕・送検されました。長男は病院に搬送されましたが命に別状はありません。

静岡地検沼津支部は22日付けで容疑を傷害に切り替えた上で不起訴処分にしたと発表しました。処分の理由は明らかにしていません。