市役所の職員を名乗る男からのうその電話で、静岡市の60代の女性が現金約47万円をだまし取られる詐欺事件がありました。

19日午後4時半ごろ、静岡市清水区に住む60代女性の自宅に市役所職員を名乗る男から「還付金があります。介護保険料を多く徴収していた。手続きができるのはきょうが最終日になります。銀行のATMに行けますか」などとうその電話がありました。

その後、女性が自宅近くの金融機関で、男に指示された通りに、ATMを操作したところ、現金約47万円が他人の口座に振り込まれ、だまし取られてしまったということです。

警察は「還付金があるからATMに行っては詐欺です」「電話をかけながらATM操作はしないように」と呼び掛けています。