新幹線内に刃物を持った男…。不審者に対応する訓練が行われました。

訓練は、東海道新幹線の三河安城駅と豊橋駅の間を走行していた新幹線の車内で、男が刃物を振りかざしたため緊急停車したという想定で行われました。

乗務員は連携して乗客を避難誘導すると同時に、車両内に装備されている「さすまた」と「防護盾」を使って不審者に対応。最後は連絡を受けた警察官が車内に突入し不審者を取り押さえました。

JR東海 新幹線鉄道事業本部
本部長 大山隆幸さん:「車内には非常通報通話装置があちこちありますので、それを使っていち早く乗務員にお知らせいただくことで、乗務員も適切な対応をパーサー、警備員と一緒にとることができると思いますので、そういったものをご活用いただくことをお願いしたい」