大規模な断水が起きた静岡市清水区では、いまだ一部で、全く水が出ない地区があります。
市は「作業は順調に進んでいる」とし、5日までに完全復旧を目指す方針です。

静岡市清水区では台風15号の大雨の影響で興津川の承元寺取水口にがれきなどが流れ込むなどし、最大で区の8割に当たるおよそ6万3000軒で断水が起きました。
市は、宮嶋橋の水管橋の応急工事が完了したため、1日から残る断水地区の和田島ブロックの4500軒で通水作業を始めました。
しかし、中山間地のため地形の影響を受けて水が通るまでには、地域によって時間差が生じています。

清水区宍原70代女性
「ゆうべほんのちょっと、チョロチョロチョロって出たんだけど、また止まっちゃった」

和田島ブロックの一部地域では、飲み水として利用できるのは、あさってになる見通しということです。