土石流災害の復旧作業で25日、土砂の搬出作業をしていた男性が死亡する労災事故があったことから、当面の間、現場付近の作業が中断されることになりました。

熱海土石流で被害にあった国道135号にかかる逢初橋付近で、25日、土砂の搬出作業をしていた男性(51)が、重機ごと川に転落し、死亡しました。

熱海市によりますとこの事故を受け、当面の間、現場付近での作業が中断されることになりました。警察の検証や労働基準監督署の調査のためで、再開のめどはたっていません。

今回の事故について熱海市の斉藤栄市長は「作業現場や作業工程を再点検し、痛ましい事故を繰り返すことのないよう再発防止に努めてまいります」とコメントしています。