富士山の御殿場口新5合目付近で小学5年生の女の子が一時行方不明になりました。警察が捜索し、およそ5時間後に救助されました。

25日正午ごろ、富士山御殿場口の新5合目付近で、横浜市の小学5年生の女児(10)が引率の教師らとはぐれ、行方不明になりました。警察によりますと、体調不良を訴えた他の児童数人と登山道を引き返していたところ、女児が走り出し、行方が分からなくなったということです。

その後、午後5時ごろ、登山口からおよそ1キロ離れた道路にいるのを、パトカーに乗った警察官が発見しました。女児にけがはなく、健康状態も問題ないということです。

警察によりますと、当時、100人ほどの児童が引率の教師とともに、2キロほどの登山コースを登っていた、ということです。